就労ビザ申請・外国人雇用サポート@千葉。書類作成も申請手続きも代行。

就労ビザ申請・外国人雇用サポート@千葉

【対応地域】千葉県、茨城県、東京都、埼玉県(県南)

043-382-9668

電話受付時間 : 9:00~20:00(土日祝日対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

技術・人文知識・国際業務ビザ押さえるべき6つのポイント!

技術・人文知識・国際業務ビザ押さえるべき6つのポイント!

技術・人文知識・国際業務ビザは、専門的な知識を仕事に活かしたホワイトカラーの職種といえます。
具体例として、営業、経理などの事務職、通訳・翻訳、システムエンジニア、機械系のエンジニアが挙げられます。

大学、大学院、専門学校を卒業した外国人が取得可能なビザ(在留資格)です。

取得要件として下記の6つのポイントがあります。

①仕事内容と大学での専攻内容とリンクしていること
②外国人本人の学歴・職歴を証明すること
③会社と採用する外国人との間に雇用契約があること
④採用する企業の経営状態が安定していること
⑤採用される外国人と採用する企業で働く日本人との給与水準が同等であること
⑥外国人本人に犯罪歴(前科)がないこと

一つづつ見ていきます。
①仕事内容と大学での専攻内容リンクしていること

卒業した大学、専門学校で学んだ専攻内容が仕事に活かすことが出来るかを見られます。

学歴(専攻内容)と職務内容がリンクしているかが重要です。

大学、専門学校で学んだことが、採用された企業で活かすことができるかを理由書など書面で証明しなければなりません。

いかに仕事内容と学歴(専攻した内容)が関連しているかを、文書と証明資料で説明することができるかがポイントです。

これが不十分であると不許可になる可能性があります。

例え本来許可になる案件であっても、職務内容の説明がわかりにくかったり、関連していることの説明が不明確であったり、証明資料が不十分であれば不許可になってしまいます

このようなことがないように採用する企業は、内定を出す前に専攻した内容を自社にあうかの確認を怠ることは出来ません。

②外国人本人の学歴・職歴を証明すること

外国人の学歴は卒業証明書、成績証明書で、専攻した内容を確認されます。
これにより、採用された企業の職務内容との関連が審査されます。

大学であれば、卒業証明書、成績証明書が提出書類になります。
専門学校の専門課程を修了し「専門士」の称号を取得し、「専門士」を証明する書面も必要になります。

学歴がない方の場合は、実務経験で許可基準を満たすことを証明していきます。
3年以上、または10年以上の実務経験があることが条件となります。

3年の実務経験では、通訳・翻訳、語学教師があります。
それ以外のほとんどが、10年以上の実務経験が必要となります。

実務経験を証明していくには、過去に勤務していた会社から在職証明書等を取得することが必要になります。

前の会社がなくなっていたり、あまり良い辞め方をしていなければ連絡をとることができなく、実務経験を証明することができないことになります。

残念ですが、証明することができないということは、就労ビザ(在留資格)はとれないということです。

③会社と採用する外国人との間に雇用契約があること

雇用契約を外国人と企業が結んでいなければ、就労ビザは許可されません。
契約を結んでいることが、許可条件であり、証明資料となります。

④採用する企業の経営状態が安定していること
企業の経営が安定していることが必要です。
会社の決算書類が財務状況を説明する証明資料となります。

赤字が何期も連続していて財務状況が悪く潰れそうであれば、外国人社員を雇えないと判断されてしまいます。

しかし、今は赤字であっても、将来への道筋ができていて、数字でこのように変えて黒字にすることが出来る、だから戦力として外国人社員を雇うということであれば、事業計画書を申請書と一緒に提出することで許可を得る可能性があります。
現状、赤字だから許可が取ることが出来ないというわけではありません。

⑤採用される外国人と採用する企業で働く日本人との給与水準が同等であること
外国人だからといって、不当に日本人社員より給与をさげたりは出来ません。
同じ会社で勤務する同じ職務の日本人社員と同等、もしくはそれ以上の給与でなければなりません。

⑥外国人本人に犯罪歴(前科)がないこと
就職する外国人が、過去に警察に捕まって犯罪歴があっては許可は出ません。

以上が技術・人文知識・国際業務ビザの6つの押さえるべきポイントとなります。

ご自分で申請をされる場合、職務内容の説明がわかりにくかったり、証明が不十分でであると許可にはなりません。
不安な点があれば、是非、当事務所にご相談ください。

お問い合わせの種類 (必須)
What kind of
まずは相談したい依頼したいその他のお問い合わせ
ご希望のサービス (必須)
Service
就労ビザの申請について相談したい or 依頼したい就労ビザの更新について相談したい or 依頼したいよく分からない・迷っているその他のご相談
※複数チェック可。必ず1つ以上選択してください。
メールアドレス (必須)
Mail Adress
お名前 (必須)
Name
電話番号(携帯も可)(任意)
Tel
ご相談内容・ご質問・その他
Inquiry
送信ボタン
Sending
Return Top