就労ビザ申請・外国人雇用サポート@千葉。書類作成も申請手続きも代行。

就労ビザ申請・外国人雇用サポート@千葉

【対応地域】千葉県、茨城県、東京都、埼玉県(県南)

043-382-9668

電話受付時間 : 9:00~20:00(土日祝日対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

就労ビザ(在留資格)で働けない職種は?

 専門的・技術的な分野の仕事であれば、許可を受けることが出来る就労ビザ(在留資格)はあります。
単純労働とされる仕事では、該当する就労ビザ(在留資格)がないために就くことが出来ません。
(現時点では、「特定技能」ビザという単純労働に就くことが可能な在留資格が新設されました。)

入国管理庁が単純労働と判断する業務については、就労の在留許可を出してはいません。

例えば、外国人留学生が在学中に居酒屋・レストランのウェイター、ウェイトレス等での接客、コンビニ・スーパーでレジ打ち、陳列等の販売業務をしていて、卒業して同じ仕事内容で就職しようとしても就労の在留資格は許可されません。
現在の入国管理及び難民認定法に定められている在留資格に適合していなければ、「該当する在留資格なし」として、在留資格は許可されることはありません。

専門学校の学科、専攻科目によっては、就労ビザ(在留資格)が出ないものがあります。
 例えば、美容系の専門学校で学んで、日本でヘアメイクとして仕事をしたいと思っても該当する就労ビザ(在留資格)はありません。
調理・製菓の専門学校(就職経験はない場合)が調理見習い、パティシエの見習いとして働こうとしても該当する就労ビザ(在留資格)はありません。

以上の例からもわかるように、外国人が日本人と同じように就くことが出来ない職種はあるということになります。

 逆に就労に制限がない在留資格があります。
身分系の在留資格がこれにあたります。

身分系は、「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」、「定住者」の4つの在留資格です。
この在留資格は、日本人と同様にどんな仕事にも就くことが可能です。
単純労働といわれるコンビニのレジ打ち、スーパーでの品出しでも可能です。
在留カードの「就労制限の有無」には「就労制限なし」と表記されています。

在留資格には、就労に制限のないもの、在留資格で許可された範囲に限り就労が認められるもの、就労できないものの3つに分かれます。
ただし、就労不可という在留資格(留学、家族滞在)でも、「資格外活動許可を取得すれば、週28時間以内でアルバイトをすることは可能です。

在留資格の内容を知らなければ、不法就労につながる場合があります。
在留資格に関するご相談は下記のフォームからお待ちしています。

お問い合わせの種類 (必須)
What kind of
まずは相談したい依頼したいその他のお問い合わせ
ご希望のサービス (必須)
Service
就労ビザの申請について相談したい or 依頼したい就労ビザの更新について相談したい or 依頼したいよく分からない・迷っているその他のご相談
※複数チェック可。必ず1つ以上選択してください。
メールアドレス (必須)
Mail Adress
お名前 (必須)
Name
電話番号(携帯も可)(任意)
Tel
ご相談内容・ご質問・その他
Inquiry
送信ボタン
Sending
Return Top